Miyabiのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS PosiPosi6について

<<   作成日時 : 2012/08/23 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PosiPosi6で問い合わせが多い質問事項を説明します。

Q1: 「Danger」という危険設定がありますが、そんなに危険なのですか?

A1:設定次第では危険になります。
このEAでは安全マージンを内部的に設定していて、間違った設定や無茶な設定をしてもある程度は危険を避けるようにしていますが、「Danger」を有効にすると、安全マージンを取らなくなり設定通りに動作するだけです。
危険なほど爆益をもたらすのは事実ですが、破綻する危険性がありますのであまり極端な設定は避けてください。

リスク設定は2段あり、危険覚悟で賭けるのであれば方法はあります。(お勧めはしませんし、価格は仮定での場合です。)

例:現在の価格が75円だとします。70円を割り込む事はまず無いだろうと想定したとします。
この場合は5円の一直線下落が無ければ大丈夫だと仮定して、このような設定をします。
UpperLimit = 75.0(円) LossCutPrice_L = 70.0(円) LossCutDistance = 500(pips) Danger = 1 (有効)
この設定でどうなるのか?と言いますと
75円以下で決済出来る価格から70円以上の幅でマックスレバレッジになるようにナンピン幅とロットを自動調整して売買をします。最低ナンピン幅を若干大きくするとポジション数が減るのでロット数が増えたりします。

この場合に実際に70円でロスカットになるとすれば、
・最初のポジションが75円-利確幅という価格であること。
・一度も利確出来ずに一直線に70円に突入すること。
この2点であります。

もし、最初のポジションが73円だったら最短のロスカットは73円-5円(500pips)で68円となります。

Q2: 2つのリスク設定とありますが、具体的に何をどうしているんですか?

A2: リスク設定の一つ目は価格です。
LossCutPriceで設定した価格までは同一方向でのロスカットは起こりません。
この価格とUpperLimit(上限)でナンピン幅やロット数が決定します。(またはLossCutDistanceで)
従って、この幅が狭いほど収益が高い動作になります。
絶対安全を見越すのであれば過去最安値よりも低くしますが、2つ目のリスク設定もありますのでそこまでシビアにしなくても大丈夫だったりもします。(先のことは私には判らないので何とも言えませんが)

リスク設定の2つ目は下落幅です。
これは最初のポジションからロスカットまでの下落幅です。
ここに 2000 と入力してあればクロス円の場合は20円の一直線下落に対応するということです。
初期ポジションから20円下落したらLossCutPriceよりも下になる場合は、こちらの設定が有効になります。

LossCutPriceよりも下に価格があった場合も、こちらが有効になっていますのでLossCutPriceよりも下がったからロスカットだ!とはなりません。

つまり2つのリスク設定では、その時点で安全なほうを使ってポジション管理を行なっています。

Q3: 平均移動線を使ったフィルタを使用すると極端に収益が下がります。

A3: 売買の回数が半減してしまいますので収益は当然落ちてしまいます
どういう時に有効なのか?と言いますと、私的な考えでは「価格帯が高いと思われる時」にBuyにのみ使う。
とか、いきなり逆行したら明らかに危ないと思われる時のみ有効にすると良いかと思います。

Q4: どういった売買方法なのでしょうか?

A4: PosiPosi6はトラリピの欠点とナンピンの欠点をなるべく少なくするようにした売買方式です。
トラリピ系は売買回数が稼げますが結果として逆行だった場合は含み損ポジションが残ってしまいます。
ナンピンは含み損ポジション解消には有効ですが、売買回数がトラリピに対して減ってしまいます。
PosiPosi6では含み損解消をしつつ売買回数を減らさないように、最新ポジションのみ単一決済を行います。
例えば、最初のポジションで益が出れば決済ですが、2つ目のポジションが入りますと最初のポジションから決済指値が取り払われます。
2つ目のポジションには決済指値が着いていますので、益が出れば決済します。
1つ目のポジションには決済指値が着いていませんが、益が出れば成行きで決済します。
このように決済が近い最新ポジションだけ単体で決済するようになっていて、ナンピンが嵩めば平均以上で一斉決済をして含み損を解消します。

口座資金が少ないとナンピン幅は大きくなりますが、決済幅は変わりませんので売買回数の改善が望めます。
決済幅は相場状況により変動します。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村

FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PosiPosi6について Miyabiのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる