Miyabiのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS トラリピとナンピンの違い

<<   作成日時 : 2012/01/08 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トラリピとナンピンは似ているようで違います。

私の販売しているEAの場合はトラリピがGT_Special、 ナンピンがPosiPosi にあたります。
別のEAにしている通り、両者は考え方が異なります。(PosiPosiUは簡易トラリピモードも出来ます)

何が違うのか買いの場合で考えると

ナンピンは平均取得額を下げて一括決済をする事により利益を出します。
つまり結果下げトレンドだったとしても決済出来る可能性が高まります。

例: 100円で1ロット買いました。
以下、1円毎に1ロットづつナンピンしました。
現在が95円以下で94円以上だった場合、平均取得額は97.5円です。
97.5円以上まで相場が戻れば利益を出した状態で一括決済出来ます。
残ってしまうポジションは有りません。
98.5円で一括決済した場合、利益は 1円 x 6ロット分 です。(1万通貨なら6万円です)

トラリピの場合はどうでしょう?
刻み幅1円・利幅1円として同じ相場で見てみます。

例: 上の場合と同じ相場だった場合、相場価格98.5円では、95円、96円、97円のトラップは既に決済されて無くなっています。
トラリピの場合は途中で何回かリピートしている場合がありますので、最低利益となりますが、最低利益は 3円 x 3ロット分 で1万通貨なら3万円です。
含み損は100円のが-1.5万円、99円のが-0.5万円、含み益のが98円ので+0.5万円、計-1.5万円です。

このまま相場が上昇して101円まで騰がれば全て決済されて、最低利益は6万円ですね。

トラリピはナンピンではなく、一つ一つの別の売買が繋がっているだけです。
対してナンピンは複数ポジションを一つの売買として決済します。


ですので、トラリピの場合は糞ポジと言われる未決済ポジションが出来てしまう可能性を持っています。
この糞ポジがなるべく出来ないように価格設定を慎重に行わなくては成りませんが、今後の相場なんて誰にも判らないので、ぶっちゃけ”運次第”でしょう。

相場状況による両者の違いはどうなんでしょうか?

前にも言ったとおり、トレンドは結果論であって今現在の発生状況は誰も知りません。
結果、下げトレンドだった場合はナンピンの圧勝です。
トラリピは残ポジションが大きな含み損となっているはずです。

画像

上図はナンピンの場合です。(PosiPosiU)

画像

上図はトラリピの場合です(GT_Special)

この二つはEURJPYを135円を上限として”買い”だけで、それぞれ同じリスクで運用した場合のバックテスト結果です。(※PosiPosiUは高値掴み防止が機能していますので売買数が制限されています)

ご存知のようにEURJPYは見事な下げトレンドでした。
ナンピンとトラリピは同じ刻み幅の場合、取引回数は圧倒的にトラリピの方が多くなりますね。
双方共に資金管理をする事によってロスカットの恐怖に晒される事は無いですが、トラリピの設定でトラップを張る範囲が狭かった場合は、ずっと含み損を抱えたまま待っていなければなりません。

トラリピの利益曲線を見て気が付いた方もいるかと思いますが、損切り無しのトラリピなのに途中で利益がマイナスしている場所が有ります。
これはマイナススワップの為に、結果マイナス決済していました。
こういった事が起き難くするために、トラリピでマイナススワップの通貨ペアは避けたほうが良いと思います。
ずっと何ヶ月も待っていて、マイナス決済されたら悲しいですよ。

では売買が逆だったらどうなるでしょうか?
今度は全く同じ期間を"売り"だけにしてみます。

画像

上図はナンピンの場合です。

画像

上図はトラリピの場合です。

トラリピのほうはPF値が50を超えて順調です。
ナンピンは買いの場合にも増して安定しています。

このように結果的に判るトレンドの方向によって大きく結果が変わってくるのがトラリピで、安定度が高いのがナンピンです。
利益率はトレンドの方向が合っていればトラリピの圧勝です。

どちらが良いのかは使う人本人が決める事ですので私は決めかねますが、トラリピの場合は慎重に検討してから行う事を強く推奨します。

「トラリピで失敗しない為には」という所で書いたように、トラリピの場合は含み損を抱えたままでもトラップが張れるように設定する事がとても大事な事です。

このシュミュレート結果で勘違いされるといけないので補足しておきますが、今現在の円高状況で下げトレンドだからといってショートのトラリピは非常に危険だと考えています。
本当は買いの上げトレンドと下げトレンドを比較したかったのですが、同一相場で行ったほうが良く判るかとの考えからあえて逆のショートにしただけです。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トラリピとナンピンの違い Miyabiのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる