Miyabiのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 糞ポジを活用してみる?

<<   作成日時 : 2012/01/28 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上げ相場なのに糞ポジかもしれないショートポジションが残ってしまった・・・

なんて良くある事です。
これをどうするか?が明暗の分かれ道となる事も度々あるかと思います。

こうなってしまったらどうするか?

まず、この糞ポジは放置したらどこまで口座が耐えられるのか?を調べます。
割とすぐにでも破綻しそうな場合は損切りしましょう。

放っておいても過去最高値を余裕で超えてもロスカットには至らない場合はどうしますか?
放って置けばマイナススワップで徐々に目減りしていく場合もあります。

ロット数が適度に大きくて、しばらくすれば戻って利確出来そうだし、放っておいてもロスカットには至らない可能性が高い場合、この糞ポジをヘッジ?にしてみたらどうかなと思います。

ロット数が10枚であったなら、反対のポジションの10枚でロック出来るわけですから、ショート糞ポジの枚数分以上はロングで稼げるはずです。
つまりロング10枚まではリスクが少ない事になります。

含み益で反対売買で稼ぐのがツナギ売買ならば、含み損でやってもいいじゃないかという強引な理屈です。

ただ、気を付けなくてはいけないのが”高値掴み+単発売買”。
これをやってしまうと、今度はロングが糞ポジ化する可能性が高くなってしまいます。

もし、今現在が上げ相場のように見えていても既に下げに転じている場合も有ったりしますので、分割売買を用いて決済価格を下げるようにしましょう。
ロングポジションを建てる場合は「これから下げ相場かもしれない」という事を念頭に置いて建てることです。
決して「まだ騰がるだろう」なんて思ってはいけません。
ロングの単発売買を下げ相場で利確するのは難しいです。
必ず分割売買を行いましょう。
運よく下げてきたらロングをチョビチョビと利確しながらショート糞ポジを救出できるかもしれません。

勿論、糞ポジショートも天井かな?と思えた時点で1枚とか少ないロット数でナンピンしておくことで、救出が楽になる場合もあります。 
逆に更なる悪化の場合も考えられるので、この場合のショートのナンピンは月足や週足レベルで行ったほうが良いと思います。

いづれにしても最初から大きなロット数で取引していたら何も出来ず、損切りしか選択肢は無いので最初のロット数は控えめにする事が大切です。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
糞ポジを活用してみる? Miyabiのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる